AIカメラ
レンタルサービス

AIカメラによる簡単スポーツ配信サポート

Q&A

  • 導入にあたって
  • Q:Veoカメラの操作はどのように出来ますか?
    A:スマートフォンもしくはタブレット端末にアプリをダウンロード。そこにVeoから発信されるWi-Fiを接続して操作することが出来ます。
  • Q:Veo1とVeo2の主な違いは何ですか?
    A:特徴的な違いは、Veo2ではライブストリーミング配信(リアル配信)対応と、撮影映像の即時利用が可能になった点です。カメラの基本性能も向上していますので、映像品質や使い勝手も向上しています。
  • Q:故障したときはどうしたらよいですか?
    A:弊社にご連絡ください。修理そのものはVeo本社の専門家へ依頼します。規約に基づき、修理させていただきます(状態によって有償となる場合もございますのでご了承ください。)
  • Q:Veoを購入することは出来ますか?
    A:購入のみのお取り扱いをしておりません。VEO公式サイトでの購入は可能となっていますが、本体代と共に専用サーバーの購入も含みます、VeoCameraを取り扱っている他企業様も同じご説明をされています。レンタルプランには、Veoを使いこなすために必要なVeo本体の初期セットアップ、専用アカウントの開設、専用三脚やVeo社サーバー利用費など必要なものを含めています。

    A:レンタルプランでは専用三脚、Veo専用サーバーの契約アカウントのセットアップなど使用に関わるすべてが含まれており、お客様が個別に契約・セッティングする必要がありません。
    また、故障の際の修理依頼、代替機の手配など様々なトラブルに連絡一つでグリーンカードがサポート致します。

  • Q:雨に濡れても大丈夫ですか?
    A:大丈夫です。防水ケースと疎水性レンズカバーが装備されています。
  • アプリの使い方
  • Q:動画の共有は出来ますか?
    A:Veoのマイページから動画のダウンロードが出来ます。また、リンクコピー機能を使用してURLを共有することで、簡単に動画を視聴することが出来ます。なお、Veo2カメラではライブストリーミング配信(リアルタイム配信)も可能となりました。
  • 配信の仕方
  • Q:ライブストリーミング配信はどのように使えますか?
    A:様々なご利用用途にご活用いただけますが、例えば部活動で利用の場合、保護者やご家族、OB/OGの方はご自宅にいても選手の試合をライブ観戦することが可能になります。
  • Q:ライブストリーミング配信に必要な手続きはありますか?
    A:4G/LTE SIMカード、もしくはWiFi環境でインターネット接続する必要があります。フルサポートサービスの契約でご利用いただけますので、お気軽にご相談ください。
  • 動画のアップロード・ダウンロード
  • Q:録画した動画のアップロードはどのように出来ますか?
    A:Veo1カメラは有線LANケーブルを用いたインターネット接続のみでしたが、Veo2カメラでは4G/LTE SIMカード、もしくはWiFi接続でのアップロードも可能になりました。
  • Q:ライブ配信をしながらダウンロードできますか?
    A:ネットスピードにもよりますが可能です。ただし通常よりも時間がかかります。
  • 動画の撮影について
  • Q:動画撮影時間に制限はありますか?
    A:フル充電で4時間ほど撮影できますが、Veo2カメラでは充電しながらの撮影が可能です。
  • Q:コートが複数面あるところで撮影する場合、誤認識はありますか?
    A:ときどき発生します。弊社で実験したところ、次のようなケースが起きたことがあります。
    例:タッチラインの際をボールを蹴りながら歩いていた選手を追ってしまう。
    例:ゴールの裏でボールを蹴っていた選手を認識してしまい、ゴール判定が起きてしまう。
  • 分析関係
  • Q:AIでの分析や編集ではどのようなことができますか?
    A:試合のハイライトシーンのタグ付けやスタッツデータ化、選手パフォーマンスのヒートマップや2Dマップ表示、モメンタムグラフ化(ゲーム支配率)の情報が付加された編集映像をご提供します。

その他、ご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

    0927912272